JOHO 大阪情報専門学校

大阪情報専門学校

E-mail

資料請求

  1. HOME
  2. 重要なお知らせ - 新型コロナウイルス感染拡大による授業実施について

重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大による授業実施について

 学生ならびに保護者の皆様には、新型コロナウイルス感染防止に協力いただきありがとうございます。
 あわせまして、本校の教育活動(学校運営)に、多大なご理解とご協力を賜り、心から感謝申し上げます。
 さて、新学期を迎えた最中、大阪府下には、レッドステージ(医療非常事態宣言)が発出され、さらに深刻な状況下に陥ってまいりました。しかしながら、私どもは、人類が経験したことのない新型コロナウイルス感染被害(コロナ禍)の中、日々、真摯に学業に取り組む学生の皆様、または教職員や家族・関係者の安全を守るため、感染拡大にあわせた授業形態の導入や感染防止の指導、設備・危機の設置等に取り組むことで、感染予防に最大限努めております。

1.授業の取り組み
 ・当面は十分な感染防止対策を行ったうえで対面授業を継続します。
 ・感染の拡大状況によっては、オンライン授業、ハイフレックス授業(※1)を組み合わせる可能性もあります。
  ※1 ハイフレックス授業
     対面授業をライブ配信することで、学生の皆様は対面授業かオンライン授業を選択可能。
 ・学生の皆様を「午前のみ授業」と「午後のみ授業」の2グループに分け、
  校内での昼食時間を設けないように工夫しています。授業詳細は担任から時間割やメールにて案内します。
   ※授業形態や時間割は状況により変更いたします。

2.登下校中、校内での感染防止指導
 登校日は、以下について指導しています。
 ・自宅で検温し異常がないことを確認した後、登校すること。
 ・登下校時、および校内では、常時マスクを着用すること。
 ・入館後、休み時間、退館前など、うがい・手洗い・手指消毒をこまめに行うこと。
 ・校内や登下校中の飲食や会食等、感染リスクをともなう行動は厳に慎むこと。

3.学校側の取り組み
 ・CO2測定器、自動換気装置(ロスナイ)を設置し、常時、室内環境の管理、換気に努めています。
 ・登下校時、授業中、休み時間中に学生が密な状況にならないよう、
  教職員や看板・モニター等で学生の滞留や流れに注意を払っています。

 変異型ウイルスは従来型より感染力が強く、若年層も重症化につながりやすいという指摘もあります。コロナ禍は先が見えず、油断できない状況ですが、皆様ご理解とご協力をお願いいたします。

最後に、学校・学園の教育理念であります、
「IT人材育成に関する国策の推進役を担うとともに、
  IT企業が求める実践的なIT人材を育成することにより、情報化社会の進展に寄与する」
この理念を実現するため、職員一同、教育の充実に一層努力し、教育機会の損失が無いよう努めてまいります。

大阪情報専門学校

Copyright© 2008-2019 JOHO大阪情報専門学校 All Rights Reserved.

トップに戻る